病院でのわきが治療のメリットデメリット

病院でのわきが治療のメリットデメリット

病院でわきがを治す治療するというのもわきが臭を消すための方法の一つです。
というよりも、昔から最も有効な治療法とされていますし、僕もわきがを何とかしたいと思って最初に思い浮かんだのが手術でした。

 

しかし、実際に手術を受けようか検討するため色々調べていくと、メリットだけではなくデメリットがあるということもわかったのです。

 

そこで今回はわきがの病院での治療についてお話ししていこうと思います。
まず病院で治療と言えば手術です。

 

手術にも色々な方法があるのですが、今は剪除法(皮弁法)という手術方法が一般的で、病院によっては保険適用でとなるこの手術法を選ぶ人が多いと思います。

 

保険適用になれば4万円〜(入院や通院、薬を含むと10万円前後〜になります)、他の手術に比べて安いです。
ならない病院もあるのでそこはきちんと保険適用になるか聞いてみてください。

 

どういった手術方法なのかというと、皮膚に切れ目を入れてその部分を裏返して医師が目視でひとつずつアポクリン腺というわきがの原因となる汗腺を除去していくというもの。

 

完全にアポクリン腺を除去できれば臭いは出なくなりますからかなり有効な手術方法な訳です。
それなら手術を受ければわきがで悩むこともなくなるし万事解決じゃないか!という風には残念ながらならないのです。

 

デメリットがあるんです。

 

病院での手術のデメリット

まず皮膚を大きく切ってある程度の時間裏返して手術をします。
なので、縫合した後も皮下出血してしまったり、傷跡が目立つ、皮膚が変色し見た目が良くなかったりすることがあるのです。

 

男性ならまだしも、女性ならばちょっと嫌ですよね。
男性の場合でも脇毛の量がかなり少なくなるので、傷跡は目立ちますし脇がどす黒くなるので目立ちます。

 

もちろん痛みもかなりのもの。
想像してもらえばわかるように、皮膚を裏返すわけですから手術後は動かすことも難しくなります、というか数日は脇を固定し絶対安静です。

 

また、最悪の場合その部分の皮膚が壊死するなんてこともあるようですが、このあたりはかなり珍しいことのようです。

 

たいていはうまくいきますし大きな問題にもなりませんが、まれにこういったことが起こるというのも事実ですから、そういうこともあるんだということは知っておいても良いと思います。

 

医師が目視でアポクリン腺の除去を行うので、医師の技術に結果が左右されるというのも問題の一つかもしれません。

 

医師がアポクリン腺を見落としたり適当な施術を行えば汗腺は確実に残りますから、再発どころか手術したのに治らないなんてことになってしまいます。

 

この手術の怖いところですよね。
技術のある病院、医師に当たればほぼすべての汗腺を取り除いてくれますし、手術時間も短く縫合も上手で目立たないようにしてくれるでしょうし、臭いもほとんど出なくなるでしょう。

 

しかし、未熟な医師に当たると上記のようなリスクの可能性が高まります。
僕の場合手術も検討したんですが、評判の良い医師や病院が全くわからず、近所の病院に飛び込んでひどい結果になったら怖いということもあり決心できませんでした。

 

電話して聞いているうちに病院の先生に手術はやめた方が良いと言われて違う治療法を探して今に至っています。

 

手術の悪い話はネットを調べればいくらでもでてきますからね。
手術の場合入院も必要ですが、費用は保険が適用になれば10万円前後で手術できることが多いようです。

 

手術以外の治療法

病院での治療は何も手術だけではありません。
バキューム式などと言われる方法があり、これは脇に吸引器のようなものを入れて、アポクリン腺を手当たり次第吸引していくというものです。

 

脂肪吸引の方法で汗腺を吸い込んでいくわけですが、目視してというわけではないので吸引しきれない分がかなりの確率で残ってしまいます。

 

なので臭いが完全に消えない、再発したなんて話が後を絶ちません。
このあたりはネットで体験談なんかを検索してもらえば色々出てくると思います。

 

吸引ではなく道具を使って皮膚の裏全体をアポクリン腺ごとこそぎ取るという方法もあります。
小さな穴を皮膚に開けて器具をいれてそぎ取るわけですが、これも目視するわけではないのでアポクリン腺が残ってしまうという可能性が非常に高いです。

 

入院しなくて良い、もしくは入院期間が短いというのがメリットになりますが、効果に関しては少し疑問を持ってしまいますし、保険適用外なので費用もかなりかかります。

 

少し昔までは脇の下の皮膚を完全に切除して、残りの皮膚をつなぎ合わせる切開術とかいう方法もあったようですが、皮膚が突っ張ってしまったり他にも様々な副作用が問題になったようで今ではほとんどするところはありません。

 

今一番行われているのは剪除法という保険適用のものですし、病院によっては他のバキューム式などの方法を選べるところがあり、日帰りなども可能になることもあるようです。

 

最近だと全く切らない治療法もありますよね。
ミラドライなんかがそうですが、これも賛否両論ありますので、そのうち記事で取り上げたいと思います。

 

病院での治療も良い方法だと思いますが、必ずその病院、担当医師の評判を調べて技術のある信頼できる病院、医師だとはっきりしてから手術に望んだ方が良いと思います。

 

もしひどい病院や医師に当たると後悔することになると思います。
ネットで体験談などをみているとすごく怖くなります。

 

もちろんネットなので悪い噂を多く見かけますが、きちんとしたところも沢山あるので、信頼できるところがあれば病院での治療もそれなりに有効だと思います。

 

病院での治療の場合手術方法を含めて病院の対応、保険がきくかどうか、手術を担当する医師の評判などきちんと確認できるところにすることを勧めます。