子供のわきが対策について

子供のわきが対策について

今回の記事は子供のわきが対策についてです。
残念ながらわきがは遺伝します。

 

なので今現在わきがで悩んでいる人の場合、両親のどちらか、もしくは両方がわきが体質である場合が多いと思いますが、そうなってくると当然その子供もわきが体質になってしまう可能性が高いのです。

 

自分の子供がわきがで悩むことになるのがわかっているのなら、親ならば何とかしてあげたいと思いますよね。

 

僕は子供はいませんが、もし子供ができて遺伝してしまったら、自分と同じような苦しみは絶対に味あわせたくないですし、それが原因でいじめられでもしたらと考えるとやっぱり何とかしてあげたいので、できる対策があればしてあげます。

 

実際子供がわきがで何とかしてあげたいという相談はすごく多く、僕のこのサイトにも結構そういう方沢山います。

 

子供のわきがが発症する時期

子供の年齢にもよりますが、アポクリン腺が成長して臭いを発生させるのは小学生〜中学生くらいまでの間のようです。

 

当然個人差があるので、幼稚園や保育園に通っている時点ですでに臭いが気になるという子もいれば、高校生になってもまだ全然気にならないという子もいます。

 

ただ、中学生にもなれば遺伝していれば大抵は臭いは発生してくると思います。
僕は小学生の時からでしたし、わきがの人何人か同級生にいましたが皆中学生の時にはかなりきつい臭いでした。

 

小学生低学年くらいまでならば自分の臭いのことなんてほとんど気にしないと思いますから、親が気づいて早めに対策してあげることで今後学校でいじめられたりする可能性は減らせると思います。

 

このくらいの年齢だと自分で対策というのも難しいでしょうから、親がきちんとしてあげなきゃいけませんよね。

 

小学生高学年になればある程度臭いのことも気付いてきますし、ケアの方法など教えればある程度のことはできるようになると思います。

 

ただ、その場合子供に臭いのことを告知しなきゃいけませんから、悲しませることになるでしょうしショックを受けるかもしれないと考えると難しいところです。

 

わきがの子供に親ができる対策って?

子供にしてあげられることは年齢によって違います。

 

子供が小さいときにしてあげられるのは、まず体を清潔にしてあげることです。
こまめにお風呂に入れてあげる、特に脇の部分はきちんと洗ってあげてください。

 

体を清潔にすれば少しでも臭いを抑えることにつながります。

 

後は食事ですね。
食事で臭いをきちんとコントロールすることです。

 

子供の食事管理はすべて親がしますから、何も言わなくてもある程度の対策はできると思います。

 

食事の管理で子供のわきがを治そうと思えば舌間さんの治療マニュアルが一番役立つと思います。
子供向けの方法も書かれていますしね。

 

>> 舌間さんのわきが治療マニュアルについてはこちらに詳しくかいてあります

 

もう一つ、服に消臭効果のある対策を施すというのも一つの方法だと思います。
今色々な製品があるので、いくつか試してみても良いかもしれません。

 

僕が試して良かったと思うものもあるので、今後機会があればこのサイトでも紹介しようと思います。
子供が小さいとき、ある程度の年齢になっても特別本人が気にせず親としてできることってこれくらいですね。

 

後は子供と臭い対策について話し合ってきちんとケアしていくという方法しかないです。
自分で自分のことができるようになる年齢じゃなければ無理なので、早くても小学校高学年辺りからですね。

 

大体中学生くらいになると本人も臭いを気にするようになり周りの友人の反応も敏感になる年頃なので、その前に告知するか本人が気にし始めてからにするかは決めなきゃいけませんが、本人も積極的にできることとなれば幅は広がります。

 

直接脇のケアができますので、僕がしているケア法なんかはかなり効果的だと思います。
>> ワキスケが実践しているケア法はこちら

 

後は積極的に治療を試みるかですね。
剪除法などの本格的な手術は傷跡なども残りますし学校にも少しの間いけなくなるのでちょっと避けたいです。

 

そうなるとミラドライのような簡易的な治療法を治らないリスク、再発リスクを覚悟の上で行うというのも一つの方法です。

 

個人的にはその前に先ほど紹介した舌間さんの体質改善法などを取り組んだ方が身体的にもリスクがないですし良いと思います。

 

体質改善法なら金銭的に追加の負担なく親子でできますから、子供だけじゃなく家族全体で取り組めます。

 

とりあえず子供にできる対策というのはこんなところだと思います。
年齢は本人に自覚があるないでできることは違いますが、最終的には本人も絶対に気付くので早めに一緒に対策をしてあげるというのが良いかもしれません。

 

大人になればなるほど両親に相談はしにくくなりますし、親としても言いにくくなりますからね。