食事でわきがの臭いが強くなる

食事でわきがの臭いが強くなる!

ネットを見ていると食べるものでわきががより臭くなったり、マシになったりなんて話が書かれているのを見かけます。

 

そもそも食べるものでわきがの臭いが変わったりするんでしょうか?
僕はこれに明確な答えを持っています。

 

食べるものでわきがの臭いは全く違います!
例えばですが動物性脂肪の多いものを沢山食べればわきが臭はかなりきつくなりますし、野菜を沢山食べればそれだけでわきが臭はかなり緩和されます。

 

僕の体験談なので間違いありません。
僕はわきがの体質改善法とも言うべき食生活を見直してわきがを治すという方法に取り組んで、かなり重度のわきがだったんですが、今はほとんど嫌な臭いを感じることがなくなりました。

 

それくらい食べ物はわきがに影響します。

 

何で食べ物がわきがに影響するの?

なぜ食べたものでわきがの臭いが変わるのかというと、そもそもわきがというのはアポクリン腺から出る汗に含まれる物質が常在菌によって分解され、その時にでる臭いです。

 

アポクリン腺からでる汗に含まれる物質というのが皮脂、脂肪やタンパク質、アンモニアに鉄などの成分です。

 

これらが分解されると出るのがわきが臭というわけです。
この脂肪やタンパク質など臭いの元になる成分がどこからきているのかというと、当然ですが体の中から出てきたものです。

 

ということは、何とかしてこの臭いの原因になる物質を減らす、もしくはなくすことができればわきが臭は発生しないということになります。

 

人間の体は食べるもので作られます。
植物ではありませんから太陽と水さえあれば体が成長するわけではなく、色々なものを食べて体を作っています。

 

色々食べたものはすべて体の中で消費されるわけではなく、形を変えたりして体外に排出されるものもあります。

 

尿や便なんかもそうですが、アポクリン腺から出てくる汗にもこうした物質が入り込んで、一緒に出てきてしまう結果わきがになるのです。

 

つまり食べるものを変えると体から出てくるものも変わります。
アポクリン腺から排出される臭いの原因となる物質を出ないような食事にすると、わきがの臭いは緩和されたりほとんど感じなくなったりするというわけです。

 

食べ物と臭いの関係

元々わきがに限らず食べ物と臭いには強い関係があって、ある程度の期間食べたものによってわきがじゃない人でも体臭は変化します。

 

これは食べたものが皮脂腺などを通じて排出されるからで、排出された物質が常在菌によって分解されると体臭になります。

 

一定期間の食事の内容によって、皮脂腺などから出てくる物質が変わってくるので、住んでいる地域や民族によって食生活が違いますから出てくる体臭も違ってくるのです。

 

よく欧米人にはわきがの人が多いといいますが、これも食べ物の影響です。
欧米人は昔から肉食で動物性の食べ物を食べ続けていたので、アポクリン腺が発達してわきがの人が多いのです。

 

日本人は元々肉食ではありません。
穀物、野菜などを中心に少量の魚を食べてきたのでわきがの人が遺伝的に少ないというわけです。

 

どんな人でも食べ物によって体臭はある程度変わりますが、特にアポクリン腺のあるわきがの人はこの影響を強く受けるので、食べるものはとても大事で臭いのコントロールも食事でできてしまうわけです。

関連ページ

わきがの臭いを強くする食べ物
わきがの臭いをきつくしてしまう食べのもにはどんなものがあるかまとめてみたいと思います。
ワキスケが感じた食べ物とわきがの関係
わきがの臭いが食べ物できつくなったり臭わなくなったりするって話はこのサイトに書いたとおりなんですが、食べ物とわきがの関係について僕が感じたことをまとめたいと思います。