ワキスケが感じた食べ物とわきがの関係

ワキスケが感じた食べ物とわきがの関係

今回は僕が感じた食べ物とわきがの関係についてまとめてみたいと思います。
僕は主に食事でわきがの臭いを抑えることに成功したので、食べ物とわきがには深い関係があるというは実感しています。

 

まず感じたのは動物性の脂肪を取ると臭いがきつくなるということです。
逆に言えばコレを減らすことができれば、臭いはかなり軽減できます。

 

乳製品もそうですが、動物性の脂肪を取るとわきが臭がきつくなるというのは間違いないと思います。

 

乳製品や肉を毎日食べていると、わきが臭がかなりきつくなると感じたこともありますし、意識的に減らすようにして臭いが緩和されたというのも実感しています。

 

そもそもアポクリン腺からでている臭いの原因というのがタンパク質や脂質などということですから、動物性脂肪を含む食品というのはまさにタンパク質や脂肪の塊で、臭いの原因になっているのだと思います。

 

以前に読んだ本に書いてあったのですが、欧米人は狩猟民族で昔から動物性脂肪やタンパク質を多く取って生きてきたから、その余剰分の排出先としてアポクリン腺が発達したんじゃないかというようなことが書かれていました。

 

日本人は農耕民族です。
魚や肉も多少食べたかもしれませんが、主食は穀物ですからアポクリン腺があまり発達していないということのようなのです。

 

この肉、乳製品の食べ方をきちんと考えないと、わきがは治らないなぁと感じたのです。
もちろん肉や乳製品を全く食べないからと言って、わきがが完全に治るわけではありませんが、食生活はかなり重要だと感じました。

 

ちなみに他にもわきがには良くないと言われている食べ物があります。
揚げ物など脂肪分や食品添加物なんかも臭いの原因になるようです。

 

わきがを治すためにはじめた食事の改善ですが、もう一つ副次的な効果があって、食生活を根本から見直すのでダイエットにもなりました。

 

しっかり食べているのですが痩せていきます。
それに体の調子も良いみたいで、体が軽いというか調子が良いんですよね。

 

僕は舌間さんにアドバイスをもらいながら食事を改善していきましたが、食べるものを変えるだけでこれだけ体の調子が良くなるんだと改めて思ったのです。

 

しかも、わきが臭も日に日に少なくなっていって、徐々に臭いが軽くなっていくのを実感できました。

 

先ほど書いたとおり動物性の食生活をやめて、植物性のもの、しかも栄養価が高く健康に良いものを中心に食べるようにするだけで臭いはかなり変わってくると思います。

 

できるだけ早く、確実にわきがを治したいと思っているのならこのサイトの右上で紹介している舌間さんのわきが改善法が手っ取り早いと思いますが、自力で何とかしたいという方は食事はできる限り和食にする、出来合いのもの、加工食品、コンビニ弁当、揚げ物や肉類を極力食べないとするだけでもかなり効果はあると思います。

 

ちなみにわきがの体質改善法は食事と生活環境の改善でわきがを治すというものなので、食事だけで完全に臭いを抑えることはできないと思いますが、それでもかなりの軽減にはなると思うので自分なりに工夫してやってみたら良いと思います。

 

たまに食べるものとわきがは関係ないなんてことが書かれたサイトや掲示板を見かけますが、僕の経験では明らかに関係はありますし、僕が読んできたわきがに関する本を書いている医師も、食事とわきがには深い関係があると書いています。

 

わきがを何とかしたいのならまずは食事からということですね。

関連ページ

食事でわきがの臭いが強くなる
食べるものでわきがの臭いが強くなることがあります。どういったものを食べると臭いがきつくなるのか、どういう食事が駄目なのかを詳しく書いていきたいと思います。
わきがの臭いを強くする食べ物
わきがの臭いをきつくしてしまう食べのもにはどんなものがあるかまとめてみたいと思います。