皮下組織掻爬法は傷が小さなわきが手術です

皮下組織掻爬法ってどんな手術?

わきが手術の中でも傷跡が小さく済むということで施術しているところも多いのが皮下組織掻爬法です。

 

どんな手術かというと、脇に2,3センチの小さな穴を空けてそこからスプーンのようなものを入れてアポクリン腺などがある皮下組織をごりごりと削り取るという方法です。

 

皮下組織掻爬法

 

この手術法の特徴は、脇の下に小さな傷しか作らないという点です。
傷口が小さいので傷跡が目立ちませんし、手術後の回復も切除法など大きく切る手術に比べて早いのが特徴です。

 

しかしこの手術が主流にならないのはデメリットも多いからです。

 

皮下組織掻爬法の問題点・デメリット

皮下組織掻爬法にはいくつか問題点があります。
まず一つは小さな穴からスプーン状の器具を入れて作業をするのできちんとアポクリン腺がとれているかどうかわからないという点です。

 

手探りでゴリゴリと削り取るので当然アポクリン腺を取り残してしまうわけです。
つまり完治しないという問題が発生します。

 

それともう一点、スプーン状の器具で掻爬した部分でも、完全にアポクリン腺がとれるというわけではありません。

 

アポクリン腺の一部が残ったままになることも多く、それが再生して再発という可能性も否定できません。

 

つまりこの手術は効果がかなり曖昧な手術なのです。

 

しかも、皮膚の裏側を削り取るので神経や血管なんかもズタズタになります。
手術中の出血はもちろんですが、手術後でも出血することがあり、その場合は血を抜かなければいけなかったり、皮膚がくっつきにくく手術後しっかり固定しなければいけません。

 

下手に皮膚が動いてしまうと見た目が悪くなったり、きちんと生着せず色素沈着やシワができてしまうこともあるのです。

 

効果がイマイチで手術後も大変な手術なので、あまり行っているところは多くないと思います。

 

ワキスケならこの手術法選ぶ?

僕なら絶対しません。
理由はすでに書いたとおり効果の割にリスクが大きすぎるからです。

 

リスクの大きさから当然主流にもなっていませんし、何より保険適用でもありません。
なので手術費用もかなり高額になります。

 

病院にもよるのですが30万前後はかかると思った方が良いでしょう。
この治療をするのなら、もっとリスクも低くて効果のある方法は沢山あります。

 

他の治療法を選んだ方が良いというのが僕の考えです。
最大のメリットである傷口の小ささ、回復の早さですが実は他にもっと回復の早いものもあります。

 

似たような治療法でも皮下組織削除法や吸引法なんていうものもありますが、そっちの方が効果があったり回復が早かったりと掻爬法は少し中途半端な印象があります。

 

掻爬法をするのおならばそっちの方がまだ効果はありそうです。
少なくても僕はこの手術を選択することはないです。

関連ページ

切除法でわきが手術した場合のメリットデメリット
わきが手術の一つ、切除法についてどんな手術の方法なのか、良いところ悪いところ、後遺症などはないのかまとめたいと思います。
剪除法はわきが手術では主流になっています
今一番主流のわきが手術といえば剪除法です。保険が適用になって治る可能性も高い手術だと思います。
皮下組織吸引法でのわきが手術の効果は?
わきが手術の一つに皮下組織吸引法というものがあります。この手術の特徴やメリットデメリットなんかをまとめてみました。
イナバ式皮下組織削除法ならわきがは治る?
わきが手術の中でも効果が高く成功率も高いと言われているのがイナバ式です。どのような手術なのか、効果はどれくらいあるのかなど詳しいことを記事してみました。
超音波を使ったわきが治療の効果は?
最近は超音波を使った最新の治療法もありますが、この治療法効果はどの程度あるのか、どういった治療なのかを記事にしてみました。
レーザーを使ったわきが治療
わきが治療の中にはレーザーを使ったものもあります。 今回はそうした最新の治療法について詳しく書いてみたいと思います。
わきが手術は何が一番良い?お勧めの手術法は?
わきが手術は色々ありますが、どの中でどの手術方法が一番良いのか、今回は僕が考えるベストなわきが手術法に関して記事にしたいと思います。