剪除法はわきが手術では主流になっています

剪除法ってどんな手術?

わきがの手術で一番行われているのが剪除法です。
反転剪除法とか、直視下剥離法なんて呼ばれ方もしています。

 

これも保険が適用になる手術方法で、切除法に変わって今主流になっているわきが手術です。

 

どんな手術方法かというと、脇に数センチ切れ目を入れて、そこから皮膚をひっくり返し、アポクリン腺を直接目で確認しながら一つずつハサミで除去していくという手術方法。

 

ポイントはやはり直接目で見ながら除去していくので、確実にアポクリン腺を取り除くことが出来るという点でしょうね。

 

そしてアポクリン腺をとった後は皮膚を元通りに戻すので、ひきつれを起こしたりということがありません。

 

以前主流だった切除法に比べてリスクが少なく効果もあるので、今はこの剪除法がわきが手術の主流となっています。

 

剪除法の良い点・メリット

やはり切除法に比べてリスクが少ないという点です。
切除法の場合、アポクリン腺のある部分の皮膚をすべて除去してしまうという荒技だったのに比べて、皮膚をめくってアポクリン腺だけをとるという手術なのではるかに体にかかる負担が少ないのです。

 

アポクリン腺をしっかり取り切れば確実にわきがを治すことも可能。(綺麗にすべてアポクリン腺を取り切れればですが・・・)

 

脇の下のシワに剃ってメスを入れるので、手術後も医師の腕が良ければほとんど傷跡は残らない、というより目立たなくすることが出来ます。

 

やはりこの剪除法の最大のメリットは、実際に医師がアポクリン腺を目で確認しながら切り取っていくことが可能だということでしょう。

 

目で見て取り除くのでアポクリン腺の取り残しがなく、丁寧に腕の良い医師が行えばわきがをかなり高い確率で治療することが出来ます。

 

ただこれは良心的で腕の良い医師が行えばの話です。
当然ですが、この剪除法にも問題点、デメリットは存在します。

 

剪除法の問題点・デメリットは?

今やわきが手術の主流になっていて完全に根治させることも可能な手術法である剪除法、これにもいくつか問題点、デメリットが存在します。

 

最大の問題点は医師の技術に大きく左右されるという点です。
剪除法は皮膚を裏返し、脇に点在する小さなアポクリン腺を一つずつすべて手作業で摘み取っていく手術方法です。

 

非常に高度な技術、経験が必要です。
例えばハサミで切りとるときに深く切りすぎてしまえば皮膚に穴が空いてしまいます。

 

しっかりアポクリン腺を除去しようと思えば深く切り取るのがベストですが、深くしすぎると穴が空いたりそこまでいかなくても皮膚が薄くなりすぎて色素沈着を起こしたり、さらに言えば皮膚が薄すぎて元通りくっつかなくなり壊死するなんて可能性も出てきます。

 

しかしそれを恐れて皮膚を厚く残そうとすればアポクリン腺は除去しきれず、ニオイはなくなりません。

 

皮膚をはがして裏側から取り除くため、血管も神経も切り取られ手術中の出血は多くなりますし、手術後も出血の可能性、痛みに悩まされることになります。

 

手術後しっかり固定しなければ、はがした皮膚が生着出来ずに壊死してしまう可能性も否定できません。

 

皮膚の毛穴部分にあるアポクリン腺を、すべてそのプレッシャーの中で的確に除去していかなければいけないわけですから、その大変さは素人の僕でも想像できます。

 

術後の後遺症を心配して、皮膚を残しすぎてしまいきちんとわきがが治らないことも多く、いわゆる再発といわれるものも取り残しが原因です。

 

いくら良心的な医師であっても技術や経験が無いときちんと治すことが出来なかったり、後遺症に悩まされることになってしまう危険な手術法です。

 

大抵の医師は後遺症を恐れて取り残してしまうので、手術しても治らない、再発したって人がすごく多いのです。

 

技術はあっても良心的な医師じゃない場合も問題です。
きちんと丁寧に手術すれば片側1時間はかかる手術です。

 

面倒くさがってやりやすい場所しかとらず、奥の方、とりにくい部分をわざと残して早めに手術を終える医師もいるようです。

 

当然この場合も取り残しが出来ますからわきがは完治しません。
確かに優れている手術法ではあるのですが、医師の技術や経験、そして性格にも左右されてしまう難度の高い手術方法です。

 

正直なところ医師による差がありすぎて、全体でみれば成功率は決して高いとは言えないのがこの剪除法なのです。

 

ワキスケは剪除法ってどう思う?

デメリットも多数ある剪除法ですが、数ある手術の中でも優秀な手術方法だとは思います。
保険適用で受けられるという金銭的メリットも大きいですし、しっかりした病院にいって、経験もノウハウもある良心的な医師に執刀してもらえば、傷跡を目立たなくした上でわきがを根治することも可能な手術方法ですからね。

 

ただやはりその優秀な医師を探すのが非常に難しいというのが正直なところです。
僕ならば体を切る手術以外の方法でまずはわきがを治す努力を出来るだけします。

 

自分に合うデオドラント製品を探したりケア方法を考えたり、そして同時に食生活や生活環境を変えてわきがを治す体質改善法もやって、それでもどうしても治らないようならその時は剪除法などの手術を考えると思います。

 

もちろんネットを使ってしっかり評判をみて、クリニックに問い合わせなどをしてしっかりした医師が見つけられればですけどね。

 

間違っても近いからとかって理由で選んだクリニックでこの手術をすることはないです。

関連ページ

切除法でわきが手術した場合のメリットデメリット
わきが手術の一つ、切除法についてどんな手術の方法なのか、良いところ悪いところ、後遺症などはないのかまとめたいと思います。
皮下組織掻爬法は傷が小さなわきが手術です
かなり傷を小さく出来るわきが手術の一つがこの皮下組織掻爬法です。この手術方法はどんなものなのか、メリットデメリットをまとめてみたいと思います。
皮下組織吸引法でのわきが手術の効果は?
わきが手術の一つに皮下組織吸引法というものがあります。この手術の特徴やメリットデメリットなんかをまとめてみました。
イナバ式皮下組織削除法ならわきがは治る?
わきが手術の中でも効果が高く成功率も高いと言われているのがイナバ式です。どのような手術なのか、効果はどれくらいあるのかなど詳しいことを記事してみました。
超音波を使ったわきが治療の効果は?
最近は超音波を使った最新の治療法もありますが、この治療法効果はどの程度あるのか、どういった治療なのかを記事にしてみました。
レーザーを使ったわきが治療
わきが治療の中にはレーザーを使ったものもあります。 今回はそうした最新の治療法について詳しく書いてみたいと思います。
わきが手術は何が一番良い?お勧めの手術法は?
わきが手術は色々ありますが、どの中でどの手術方法が一番良いのか、今回は僕が考えるベストなわきが手術法に関して記事にしたいと思います。