わきがに香水は危険!

わきがの人は香水は危険です!

わきが体質の人は香水を使うとき注意してほしいです。
僕が高校生の時ですが、この頃にはわきが臭がきつくなっていて、何とかそのニオイを誤魔化そうと香水を使ったことがあります。

 

当時高校生の間では香水が大人気。
僕も気になって、これをつけるとわきがの嫌なニオイが少しでもマシになるかもしれないと思いました。

 

しかし全くの逆効果でした。
わきが臭と香水の匂いが混じり合って、かなり臭くなってしまうだけじゃなく、そのニオイがかなり拡散するようになったのです。

 

香水の匂いに混じってわきがのニオイもかなりきつく、遠くにいてもわかるくらいだと思います。
この経験からも、わきが体質の人は香水を使うときは気をつけてほしいのです。

 

わきが体質の人が香水を使うのなら

僕はあまり香水を使うことをお勧めしませんが、もしも使うのならいくつか気をつけたいポイントがあります。

 

まず一つはつけるときに必ず体を清潔に、出来ればわきが臭が発生していない状態でつけるということです。

 

わきが臭が発生している状態でつけると、僕が体験したとおり混じり合ってかなりきついニオイになりより拡散してしまいます。

 

こうなると周りに人の視線が気になります。
なので、香水をつけるのならばまずは脇を無臭状態にしなきゃいけません。

 

お風呂上がり、しっかりケアした直後なんかは軽度のわきがの人ならほとんど嫌なニオイはしないと思うので、香水をつけるチャンスです。

 

もう一つ気をつけたいのがつけすぎないことです。
わきがの臭いを誤魔化そうとして沢山香水をつける人がいますが、つけすぎた香水はたとえわきがの臭いが混じらなくても他人に嫌がられます。

 

良い匂いもきつくなれば悪臭とさほど変わらないのです。
なのでつけすぎないことです。

 

香水をつけすぎた場合もう一つ問題があって、わきが臭が発生してしまったとき混ざったニオイが拡散しやすくなります。

 

軽くほのかに香る程度にしておけば、わきが臭が発生して混じり合ってもそこまで拡散しないのと、アルコールを含んだ汗ふきシートなどで拭き取れば香水の匂いをある程度消すことも出来るので、後々のケアのためにも香水をつける量は少なめにしてください。

 

欧米での香水の使い方

欧米ではわきが体質の人がかなり多いです。
でも有名な香水は欧米で作られたものが多いですよね?

 

実は欧米では体臭と香水は混ぜて使うのが普通なのです。
わきがなどの体臭と香水をミックスさせてその香りを楽しむというのが普通で、日本では考えられない使い方です。

 

これもわきがが一般的な欧米だからこそなんでしょうね。
日本の場合は、やはりほのかに香る程度の匂いが好まれますから、いったん体を無臭状態にしてそこに少しだけ、香る程度に香水をつけるのが良いと思います。

 

重度のワキガの人は香水は付けない方が良いかもしれません

僕もそうですが重度のわきがの人は香水はつけない方が良いかもしれません。
軽度の場合、きちんとケアすれば無臭状態にも出来ますし、その時間も長いのでその間香水をつけることが出来るのですが、重度のワキガの場合すぐにわきが臭が発生してしまいます。

 

わきが臭が発生すると、すでに書いたとおり香水の匂いと混じり合い危険な香りになります。

 

これが本当にきついニオイで・・・
しかもニオイが強いので拡散力もすごくて、僕はその時もう香水はつけないと誓いました。

 

重度のわきがの場合いくらケアしても限界がありますし、すぐにニオイが発生してしまうので香水をつけるのは諦めた方が良いと思います。

 

残念ながら良い匂いを出すための香水が、悪臭増幅器になりかねないのです。
どうしてもというのならば、やはりわきがを治してからの方が良いです。

 

わきがを治して無臭になれば心置きなく香水つけられますからね。

関連ページ

わきがで親を恨みました
同じようなおもつている方もいるかもしれませんが、自分の両親を恨んでいるという人に読んでもらいたい内容です。
ショックを受けたこと
わきが体質でショックを受けたことはいくつもありますが、その中でも覚えている印象深い出来事をいくつか紹介します。
わきがにお勧めのボディソープ、石鹸は?
僕が色々使った中でわきが体質に一番お勧めのボディソープがあります。コストパフォーマンスを考えればこれが一番ではないかと思っています。