わきがの手術のデメリットと良い点が知りたい!

わきが手術のデメリットと良い点は?

わきが手術の最大の利点、メリットはやはり根治出来る可能性があるという点だと思います。
わきがを完全に治すことの出来る唯一の方法というわけです。

 

手術にも色々な方法があるのですが、すべての手術で根治できる訳ではなく、一部の方法にはその可能性があるのです。

 

わきがで苦労している人はどうにかしてあのニオイを抑えたいわけですが、その中でも手術は一番効果があって、完全にニオイのことを気にせずに生活できる可能性のある治療方法です。

 

じゃあ、わきがの人は皆手術すれば問題解決じゃん!なんて思う人もいるんですが、そう簡単にはいかないのです。

 

というのもわきが手術には様々な問題点があるからです。
その問題点というのは大きく分けると2つあります。

 

再発の問題と手術後の大変さです。

 

わきが手術の再発について

わきが手術の再発については下の記事にも詳しく書きましたが、結構な確率で再発する可能性があるのです。

 

わきが手術の再発について詳しく書いてある記事がこちらです

 

手術方法や執刀医の技術によるんですが、100%成功するという方法はなく、手術法によっては50%以上の人は再発しているというものもあります。

 

これは手術をする人にとっては大きな不安要素の一つで、決断を悩ませる要因になっています。

 

わきが手術の手術後の大変さについて

わきが手術を受ける際にもう一つ問題になるのが手術後の大変さです。
効果の高い、成功率の高いわきが手術法ほど術後のケアが大変です。

 

世の中には日帰りできるわきがの治療法なども存在しますが、そういったものは効果もそれなりで軽度のわきがの人ならまだしも、ある程度ニオイのきつい人はまず治りませんし再発率も高いです。

 

再発の可能性を低くするには、脇の下にあるアポクリン腺を確実に除去する必要があるのですが、そうなると大がかりな手術になり術後も大変になります。

 

わきがを完治させる可能性がある手術法は、脇のアポクリン腺を一つ残らずとることの出来る手術法で、剪除法が代表的な方法ですが、他にも有名なものだとイナバ式皮下組織削除法なんてものもあります。

 

いずれにしても効果の高いものは皮膚の下にあるアポクリン腺を根こそぎとるという方法で、皮膚をひっくり返したり薄く削る必要がありますから手術後は内出血があります。

 

皮膚を生着させるために固定しておく必要もあります。
これがうまくいかないと、最悪皮膚に栄養が行かずに壊死する可能性もあるので、手術後も絶対に安静にしてきゃいけません。

 

長い場合は2週間近く、早くても1週間は絶対安静という場合が多く仕事はもちろん運転も、家事も出来ません。

 

当然ですが、痛みもあります。
手術後数日は痛み止めを使って耐えることになりますし、腕をあまり動かせないので通常の生活に支障をきたすため何をするには誰かの手を借りなきゃいけません。

 

こういう手術後の大変さも手術を考えている人が悩む要因の一つです。

 

わきが手術の副作用

上の2つが大きな問題ですが、それ以外にもいくつか問題点はあります。
その一つが副作用です。

 

あまり多くはありませんが、術後臭を感じる人もいます。
脇のアポクリン腺を除去して、脇からわきが臭が出なくなった代わりに体臭が強くなったと感じる人がいます。

 

体全体から出る汗が臭いと感じる人がいて、これが術後臭なんていわれ方をしています。
体には他にもアポクリン腺がありますから、そこからより強いニオイが出たりすることもあるみたいですね。

 

ニオイの問題だけじゃなく、手術には金銭的な問題もつきものです。
手術には保険適用のものとそうじゃないものがあり、わきがに関しては大半の手術は保険が適用になりません。

 

似たような手術でも病院によって保険が適用になったりならなかったりすることもあるので、その辺はきちんと確認しなきゃいけません。

 

費用は保険適用のもので入院併せて10万円〜15万円前後が一般的。
保険適用外だと30〜50万くらいになりますから、かなりの金額です。

 

わきが手術を検討する人はこの費用に関しても悩む人が多いです。
しかも、一度で成功すれば良いのですが、再発して再手術となればまたお金がかかります。

 

他に見た目の問題もあります。
手術は大きさに差こそあれ脇の下を切りますし、皮膚を薄くそぐような手術法だと脇の下がかなりの期間赤黒く変色することがあります。

 

半年〜1年で治る人がほとんどですが、医師の技術が未熟だと色素沈着したままということもあるようです。

 

傷跡も同じことで、医師の技術が未熟だったり、術後皮膚がずれてくっついてしまったりすれば大きな痕が残りますし見た目も悪くなります。

 

こういったこともあり、わきが手術はしたいけどどうしようかと悩む人が多いのです。
僕個人的にはこうしたリスクの多い手術は最後の手段にして、その前にリスクが少なくできること、例えば体質改善法なんかを先に試してみるのが良いと思っています。

関連ページ

わきが手術や治療は再発する?再発率ってどれくらい?
わきがの治療や手術をするときに一番心配なのは再発してしまうんじゃないかということだと思います。なので今回は再発に関することに答えていきたいと思います。
わきが治療のための病院の選び方
わきがの手術や治療をするための病院の選び方について書いてみました。絶対治るって言うところは要注意です!
わきが手術後の術後臭って本当にあるの?
今回はわきがの術後臭についてです。ネットでそういうのがあるというのは目にしても、ないという人もいるし現実にはどうなのでしょうか。
わきが手術のリスク|合併症や副作用など
わきがの手術にはリスクはつきものです。必ずどういったリスクがあるのか事前に調べて、それが納得できる場合にのみ行ってください。
わきが手術は何歳からできるの?
わきがの手術を検討している人の中には、まだまだ若い人もいます。何歳くらいから手術は可能なのか記事にしてみました。
お勧めのわきが手術は?ワキスケがするならこれ!
わきが手術は色々な方法がありますが、もし僕がするのならコレにしようと思っているものがあります。今回はそんな手術の紹介です!
わきが手術っていくらかかりますか?
わきが手術にかかる費用はいくら位なのか、経済的に余裕のある人なら良いのですが、一般の人には気になるところだと思います。
わきが手術で傷跡は残る?
わきが手術って傷跡は残るのか、残るのならどのくらい残るのか、今回はそんな傷についてのはなしです。
わきがの手術をしたんですが再発でしょうか?
以前にわきがの手術をしたんだけど、再発したかもしれないというメールをもらうことがあります。わきが手術の再発について考えてみたいと思います。
わきがは手術で本当に治るの?
わきがは手術することで本当に治るのか、不安に感じている、疑問に感じている人がすごく多いというのを実感しています。
誰にもばれずにわきがの治療をしたい!
家族や友人なんかにばれないようにわきがを治したいという人はすごく多いです。そこで今回はどうすればばれないかを書いていきたいと思います。